• 内容    折れた前歯の治療
  • 国・都市  シンガポール
  • 治療費   約7万円
  • 支払い   自分で支払い、帰国後、国民健康保険の海外療養費を申請。
    歯は日本の保険ではカバーされないセラミックでにしたのですが、
    料金が日本の保険範囲内の歯代と同じくらいだったので、70%満額受領。
  • 市区町村の役所への質問質問 海外在住で、国民健康保険料を払ってないのに海外療養費を申請できるのですか?
    答え はい。診療日から2年以内だったら大丈夫です。

    質問 会社の保険が利用できて、半額下りるのですが、それでも申請できるのですか?
    答え はい。民間の私的な保険とは違いますので問題ないです。

    質問 歯科治療にも使えるのですか?
    答え はい。

    自治体や自分の状況により、使えるかが異なりますので、
    自分の自治体に詳しい事を確認してみるといいです。

国民健康保険は海外での歯科診療で使えます!

普通に食事をしていたら前歯が突然折れてしまったのです。 次の日に歯医者に治療に行って、歯形を取ってもらい、仮歯を詰めてもらい帰宅。 その一週間後に戻って無事、セラミックの歯が入りました。

セラミックの歯は日本では美容とみなされて、国民健康保険が効かずに、
日本では自腹で歯を入れた事もあります。

シンガポールでは医療費は高いのですが、セラミックの歯はそれほどではなく、
日本の健康保険でカバーされる人工の歯の値段と同じくらいだったので、保険が70%下りました。

歯が折れたのは大変で、日本では10万円自腹を切らなければならなかったところ、
7割カバーされたのはかなりありがたかったです。

2007年の当時は、海外療養費申請のための歯科領収明細書Form Cはなく、
領収明細書 Form Bで申請しました。

海外旅行の際は、クレジットカード付帯の保険を利用するのはもちろんですが、
健康保険・国民健康保険を申請できるように必要書類を持参するといいでしょう。

詳しくは、海外旅行中の診療で、持病や歯科にも使える国民健康保険、海外療養費をご参照下さい。